会長挨拶

Re:START 2年目のチャレンジ ~前進・地域からの発信力~

河田輝夫会長

令和3年度会長 河田輝夫

私たち青年経済人が、この時代にどのようにして前進して行くのかは既に決まっているように思います。

今、昨年を改めて振り返ってみると、世界的に蔓延しているコロナウイルスの感染拡大により、既に決定していた東京オリンピックの延期をはじめ、日本各地で開催が予定されていた事業やイベントのほとんどが中止となってしまいました。私たちが暮らすここ深谷市でも緊急事態宣言を受け、感染拡大防止のための休業要請や時短要請など、我々の生活を苦しめる状況が今なお続いています。また、子供たちを取り巻く環境も同様に大きく変化し、学校の休校により友達と会えない、密を防ぐため友達と遊べないといった辛く苦しい状況だったと思います。
しかし2021年度は、コロナウイルス感染拡大防止に最大限尽力しつつ、これからの状況に対してしっかりと前を向き、明るい未来に向けて再度スタートを切らなければなりません。

今年2月には、深谷市出身の偉人渋沢栄一翁の大河ドラマの放映が始まり、深谷市はこれまでにない盛り上がりを見せてくれると確信しています。その時、深谷市の青年経済人の私たちに何が出来るかをしっかりと模索し、それを地域の方々に対して明確に伝えていかなければなりません。そして、私たちは深谷商工会議所青年部として、深谷市のPRはもちろん、市民の皆さまと想いを一つに、明るい街づくりや深谷市全体の産業の発展に貢献できる活動を展開してまいりたいと思います。私たちの愛する深谷市のため、また青年部メンバーのために自分の持てる力を昨年度以上に使い、深谷商工会議所青年部を盛り上げていこうと思います。

最後に、昨年に引き続き関係各位の皆さまのご指導ご鞭撻と、青年部メンバー皆様のお力添えをいただきながら、この1年間精一杯頑張って参りますので、今後ともご協力をよろしくお願い申し上げます。